誰に相談する?|相続問題ガイド

誰に相談する?

弁護士

主な遺産相続の問題では、弁護士が活躍します。
彼らは相続に関する全般の問題に対処してくれます。
しかし弁護士はそれぞれに得意分野というのを持っています。
相続専門の弁護士もいれば、それ以外の分野を専門としている弁護士もいるのです。

弁護士への依頼を希望する場合には、相続や遺産問題を得意としていたり、そのような実績がある弁護士を探しましょう。

司法書士

司法書士というのは特に不動産の登記であったり、遺産分割協議書の作成などに精通しています。
登記というのは司法書士がいなければできないことがあるので、遺産に土地や建物などの不動産が含まれるのであれば、彼らへ依頼しなければならないでしょう。
もちろん遺言の作成なども行ってくれます。

税理士

相続の問題で最近多くなっているのが、「相続税」の問題です。
相続には当然ですが、税金がかかります。
遺産が多ければ多いほど税金がかかってくるのです。

税理士は税金のプロなので、相続税の管理から節税対策までを行ってくれます。

行政書士

行政書士は主に各種書類の作成を手伝ってくれます。
相続を完了させるためには様々な書類を作成し提出しなければいけません。
書類に不備があれば相続を完了させることはできないのです。

専門知識も含まれる分、ぜひ専門家に相談することをおすすめします。

不動産鑑定士

遺産に不動産が含まれる場合、その不動産の価格を査定してもらわなければいけません。
しかし弁護士や税理士に査定はできません。
そこで「不動産鑑定士」という専門家に査定をしてもらいましょう。