相続人が相続放棄した場合|相続問題ガイド

相続人が相続放棄した場合

相続放棄は早めに!

相続というと被相続人の遺産を手に入れられるということを想像しますよね。
しかし相続は被相続人の債務なども相続することになるのです。

相続は、相続発生を知ったときから3ヵ月以内に相続放棄の申し立てをしないと、遺産の財産も債務も相続することになります。
もし債務が多額のものであれば、それを負担するのは難しくなりますよね。
そのためにも相続放棄は早めに行いましょう。
相続は相続人だけでなく、その家族などにとっても大事な問題となるのです。

相続放棄のメリット

財産より債務の方が多いときには、相続放棄が有効です。
また遺産を誰か一人にすべて相続させたい時や、諸々の事情があって相続したくなかったり相続できないときにも効果的ですよね。

相続放棄することによって、身内の誰かが相続人として繰り上がる可能性もありますし、相続人が全くいなくなる可能性もあります。
安易に相続放棄をすると家族間に問題が起こったり、気まずくなることも考えられるのでよく考えてから行ってください。

3ヵ月経ってしまったら相続放棄はできないの?

原則として相続放棄の熟慮期間は3ヵ月となっています。
しかし具体的な事情がある場合には別となります。
3ヵ月では遺産の評価が難しかったりすることがあるので、家庭裁判所に申請すれば期間を延ばしてもらうこともできます。

もちろん3ヵ月経ってしまった後でも、その3ヵ月に妥当な理由があれば認められる可能性もあるので、その場合は一度家庭裁判所に相談してみてください。