相続税のトラブル|相続問題ガイド

相続税のトラブル

相続税のトラブルとは?

相続税というのは被相続人の遺産を相続すれば必ず払わなければいけません。
しかし相続税を払い忘れたり、申告し忘れたりする例があります。
相続税の存在を知らなかったり、また支払っても払い過ぎてしまっていたりすることのトラブルがあるようです。
トラブルに泣きこまれないようにするためにも、相続税について知っておきましょう。

相続税について

基本的に、相続税は相続開始を知った日の翌日から10か月以内に支払わなければいけません。
被相続人の住所の所轄税務署の申告書を提出して納付します。

この期間内に納付しないと、「加算税・滞納税」の対象となります。
つまり余計にお金を払わなければいけなくなるのです。
また相続税の場合、遺産分割を理由に期間の延長を申請することはできないので注意してください。

払い過ぎに注意!

相続税の払い過ぎという事態が起きているのも事実です。
まず、非課税対象になるものについて知りましょう。

・墓地や墓石、神棚、仏壇、香典
・生命保険金、死亡退職金のうち、「500万円×法定相続人の人数」
・弔慰金(業務上であれば死亡当時の給料の3年分まで、業務外であれば半年分まで)
・国等に寄付した財産
・心身障害者共済制度niよって与えられた給付金の受給権
・皇室経済法の規定により皇位とともに皇嗣が受けたもの

これらは相続税の対象にはなりません。
これらに対する税金を払ってしまっているなら返してもらうことができます。
遺産分割が終わった後でも、更生の請求をすれば税金を返還してもらうことはできます。