生前準備の重要性|相続問題ガイド

生前準備の重要性

生前準備は大切!

相続でのトラブルを防ぐためにも、生前にしておくことはたくさんありますし、その重要性も高いです。
相続というのは家族の問題なので、うまくいかないと後々に禍根を残しかねません。

思いもよらないトラブルに巻き込まれないようにするためにも、しっかりと準備しておきましょう。

法定相続人を確認しよう

被相続人の死後誰が遺産を相続するのかを把握しておきましょう。
基本的に、まず相続人となるのが子供と配偶者です。
子供がいなければ父母、兄弟姉妹とうつっていきます。

第三者への相続は、遺言書などに指示がなければ行われません。

財産リストを作成しよう

被相続人の財産が何か分かれば、相続人にとっても分かりやすくなります。
財産と一言で言っても、不動産や現金、預金、有価証券、貴金属などが含まれるのです。
相続人が戸惑わないためにも、リストアップしておきましょう。

遺言書の作成

遺言書がないことによって、相続人同士が争うという例はたくさん報告されています。
遺言書によって相続問題での大半のトラブルを避けることができます。

相続人のためにも、あらかじめ民法に沿った遺言書を作成しておきましょう。

相続税対策

せっかく多額の遺産があっても、相続税によってその半分が奪われるということは少なくありません。
相続税というのは他の税金よりも高く設定されているのです。

なので、あらかじめ税理士などの専門家に相談して、税金対策を行っておきましょう。
節税をすることもできますし、余計な税金を支払うこともなくなるでしょう。